wimax2 室内

WiMAX 2+サービスを室内専用で利用するメリットとは?

WiMAX 2+サービスは、回線工事不要で利用出来るモバイルインターネットサービスとして知られています。
また、モバイルインターネットサービスとしては速度制限がそんなには厳しくなく、割とたっぷりとインターネットを利用する事が出来ると言う事で評判です。



そう言った形で評判のWiMAX 2+サービスですので、室内専用で利用する事は出来ないのかが気になる部分ではあります。
WiMAX 2+サービスはモバイルインターネットサービスではありますが、回線工事が不要と言う部分にメリットを感じて、固定回線として利用出来ないかが気になる訳です。



回線工事が不要



光回線のように回線工事があると、回線工事が行われるまでの数週間、ずっと待たされます
そして、回線工事を行う予定の建物が賃貸の場合には、大家の許可を貰う必要が出て来ます。



また、回線工事を行う際には、わざわざ立ち合う必要があります
そして、回線工事が終わった後は、回線工事費が分割で月額料金に上乗せされます。



回線工事費が分割で上乗せ請求される



そして、引っ越しを行う度に、これらの負担が再び掛かって来ます
特に、回線工事費の負担が大きくなる点がデメリットとしては大きいです。



私の経験では、回線工事の立ち合いが非常に面倒でした。
この為だけの為に、わざわざ仕事を抜けて、回線工事に立ち合いました
工事自体は全く問題はありませんでしたが、やはり、作業員の方を部屋に入れるのも負担ではありましたし…。



工事作業員に立ち合う



一方、WiMAX 2+サービスならこれらの負担が全てありません
回線工事が不要ですので、WiMAX端末が郵送されて来た段階からインターネットを利用開始する事が出来ます。



また、回線工事費が掛からない分だけ月額料金が安いです。
そして、何度引っ越しを行おうが負担が大きくなる事はありません



引っ越しの負担が大きくなる



このように、気軽さ利便性の高さを兼ね揃えているWiMAX 2+サービス。
固定回線として室内専用に利用する事が出来れば、非常に良いと思いませんか?

室内専用のWiMAX端末とは?

そんなWiMAX 2+サービスですが、実は、室内専用のWiMAX端末もあります。
それが、novas Home+CAです。



novas Home+CA



novas Home+CAはバッテリーを内蔵していないタイプのWiMAX端末ですが、その分、通信パフォーマンスに特化したWiMAX端末になっています。
ですので、外に持ち出す作りになっているWiMAX端末よりも、多くの機器を同時通信出来る仕様になっています。



具体的には、2つのSSIDを内蔵していて、それぞれWi-Fiで8台の機器を同時通信する事が出来る形になっています。
また、有線LANポートを2つ内蔵していて、それぞれLANケーブルで有線通信を行う事が出来るようになっています。
つまりは、最大で18台の機器の同時通信が可能な作りになっています。



novas Home+CAの同時通信



このように、実は、室内用に特化したWiMAX端末がラインナップされています。
ですから、回線工事が不要と言うWiMAX 2+サービスの特性を活かしたいのであれば、novas Home+CAを有効活用するのも良いでしょう。



↓novas Home+CAの詳細情報はこちら↓
novas WiMAX

novas Home+CAをより便利に利用する為の3つのポイント

ご紹介しているnovas Home+CAですが、より便利に利用するためにポイントとなる点があります。
それが、以下の3点です。



  • WiMAX 2+サービスの料金プランを、ギガ放題プランで申し込み手続きする。
  • Wi-Fi設定を5GHzに設定して利用する。
  • 標準アンテナ延長ケーブルを装着して利用する。


まずは、WiMAX 2+サービスの料金プランについてですが、料金プランによって月額料金速度制限の規制レベルが変わって来ます。
そして、お勧めなのがギガ放題プランなのです。



WiMAX 2+サービスの料金プランの違い
料金プラン 月額料金 速度制限の規制具合
定額プラン 3,599円 普通に適用
ギガ放題プラン 4,380円 一部適用外


ギガ放題プランだと月額料金が若干高額になりますが、速度制限が一部適用外になります。
ですから、たっぷりとインターネットを利用する事が出来るようになります。



WiMAX 2+サービスに適用される速度制限
速度制限の種類 定額プラン ギガ放題プラン
月間のデータ利用量による速度制限 制限あり 制限なし
混雑回避のための速度制限 制限あり


このように、ギガ放題プランで申し込み手続きを行う事で、月間のデータ利用量による速度制限が適用されなくなります
月間のデータ利用量による速度制限とは、月始めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度が128Kbpsに制限されてしまうような厳しい速度制限になります。
これが適用外となりますので、たっぷりとインターネットを利用する事が出来るようになる訳です。





一方、ギガ放題プランで申し込み手続きを行ったとしても、混雑回避のための速度制限は普通に適用されてしまいます。
ただし、混雑回避のための速度制限が適用されたとしても、実用レベルの通信速度は維持されます。
ですから、混雑回避のための速度制限に関してはそこまで気にし過ぎる事のない速度制限となります。



Wi-Fi設定に関しては、novas Home+CAでは2.4GHz5GHzを使い分ける事が出来ます。
それぞれの特徴は、以下の通りです。



novas Home+CAの利用出来るWi-Fi設定
通信帯域 汎用性 安定性
2.4GHz 様々な機器に対応 電波干渉が起こりやすい
5GHz 割と新しい機器のみ対応 電波干渉が起こりづらい


また、5GHzのWi-Fi設定の方が通信性能は高いですが、電波法によってその使用は室内のみに限定されています。
と言う事で、基本的には5GHzを利用し、5GHzのWi-Fiに非対応の古い機器類を繋ぐ際には2.4GHzも利用するようにWi-Fi設定を変更すると良いでしょう。



novas Home+CAのWi-Fi設定



novas Home+CAを利用する際には、標準アンテナ延長ケーブルがあると便利です。
標準アンテナ延長ケーブルとは、novas Home+CAのアンテナをnovas Home+CAから離れた位置に設置する事が出来るようになるケーブルの事を指します。
少しでも通信感度が良い場所を探して、アンテナをマグネットや両面テープで固定する事が出来ます。



novas Home+CAの標準アンテナ延長ケーブルを入手する唯一の方法に関しては、最後の方でご紹介します。

私がnovas Home+CAを選択した理由

私も実際にnovas Home+CAを利用しています
他のWiMAX端末ではなくわざわざホームルーターを選んだ訳ですが、やはり、外に持ち出せないWiMAX端末を選ぶと言う事で、結構割り切るまでに悩みました。



ですが、自分のインターネット環境を考えた場合に、室内利用がほとんどだったのです。
外にわざわざノートパソコンを持ち運ぶ事はありませんし、仮に外に持ち出したとしても、電源の取れる場所でしか使わないなと言う考えにたどり着いた訳です。



電源のある場所での利用



novas Home+CAはホームルーターではありますが、電源の取れる場所でしたら、どこからでも利用する事が出来ます
そう、ノートパソコンと利用環境は同じだった訳です。



じゃあ、別にバッテリー内蔵にこだわる意味はないなと言う事で、novas Home+CAを選択しました。
バッテリー内蔵と言うこだわりを捨てる事で、その代わりに得られる機能が沢山あります
ですから、外でインターネットを利用すると言う機会が多くない方であれば、novas Home+CAと言う選択肢もアリだと思います。

novas Home+CAの標準アンテナ延長ケーブルを手に入れる唯一の方法

以上、WiMAX 2+サービスを室内専用で利用するメリットや方法についてご紹介しました。
ホームルータータイプのWiMAX端末と言う事で、novas Home+CAについても詳しくご紹介した訳ですが、いかがでしたか?



そんなnovas Home+CAですが、標準アンテナ延長ケーブルがある事によって、より便利にnovas Home+CAを利用する事が出来るようになります。
ただし、標準アンテナ延長ケーブルを手に入れるには、novas WiMAXのキャンペーン特典を利用するしか方法がありません。



novas Home+CAの標準アンテナ延長ケーブルを手に入れるには?



ですので、novas Home+CAをより便利に利用したいと言う方は、novas WiMAXのキャンペーンを有効活用しましょう。
ちなみに、novas WiMAXでは今スタート特典と言う事で、10,000円のキャッシュバック特典も付いて来ます。



ただ、スタート特典は期間限定のキャンペーン特典となっています。
ですから、少しでもお得にnovas WiMAXのサービスを利用したいのであれば、お早めの申し込み手続きをお勧めします。



↓novas WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
novas WiMAX

 

サイトマップ