プロバイダ お勧め キャンペーン

瓜亜伊利の俯かせる日記

プロバイダのお勧めキャンペーンについてご紹介します。

光インターネットサービスが主流ではありますけれども

読了までの目安時間:約 7分

光インターネットサービスが主流ではありますけれども、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、非常に使い勝手が良いインターネットサービスと言えるのでは無いでしょうか?モバイルのサービスと言うと、どうしても安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?そんなイメージとは裏腹に、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、通信状態は安定しています。
と言う事ですので、モバイルの安定性は、決して不安定ではありません。
電器屋で、光インターネットの勧誘を受けました。
WiMAXユーザーの私ですから、当然、光回線を検討する事はありません。

ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、呆れるような返事が返って来ました。

WiMAXは、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?ですけれども、今までWiMAXを使用して来て、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりもコンパクトです。
そう言う理由で、持ち出しに便利です。ポケットに入るサイズですし、重量も厚みも大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。WiMAXルーターは、スマホアプリで操作可能です。

ですから、WiMAX機器をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。

かなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。

ってことで、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選択すると良いです。
WiMAXを使用する際、注意すべき速度制限は二つあります。
ひとつめが、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限って言われているものがあります。
ふたつめが、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。

ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
しかしながら、混雑回避の為の速度制限に対しては適用となります。

最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線で、人口カバー率99%を超えると言う、非常に繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、物質を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がっています。WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、複数ある様に感じます。まず思い付くのが、モバイルインターネットですから、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。次に考えられるのが、無線のネット回線なので、ネット開通に伴う工事は不要です。

なお、モバイルのネット通信ですから、インターネットサービスを安く導入できます。他にも、通信規制が緩い点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円のサービスもあります。
このオプションサービスは一体何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。

サービス対象となるWi-Fiスポットは全国に10000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所でサービスを利用する事が出来ます。
Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントで還元して貰えます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。

一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントの方が貰える金額が若干多く、早い段階から受け取れるのに加え、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントやAmazonギフト券などの約140社のポイントに変換出来ます。
WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。プロバイダ毎に違いがあるのですが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。

それは何かと言うと、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。ギガ放題プランだと月額料金の価格設定が高めになりますが、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。

一方で、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。
どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。参考→UQ WiMAX歴3年目の私がWiMAXを手放さない理由と評判のまとめ

WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択

読了までの目安時間:約 7分

WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。プロバイダ毎にプランの種類はあるものの、2種類の料金プランが存在します。

それは、通常プランとギガ放題プランと言う2種類のプランがあります。
ギガ放題プランは月額料金が高額な料金プランですが、余裕を持ってインターネットを行なう事が出来る料金プランです。その点、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限が厳しくなってしまうと言う点に注意が必要です。

どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。
ちょっと前から、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中には、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。例を挙げれば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用しています。

どこの保証制度にしても、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の全く違うところと言えます。

Broad WiMAXは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが印象的だったりします。

月額最安プランと言った料金プランの特徴としては、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる部分にあります。ですけど、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結果的に初期費用は支払う必要が無くなります。更に、いつでも他のインターネットサービスへ契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。
月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。

そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言う機能が新しく搭載されました。

その他、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。UQ WiMAXに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。

自分が契約後に思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、様々な意見が存在します。どういうものがあるのかと言うと、全然実用レベルではないだとか、そう言った意見もあるにはあります。
にしても、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。
従って、現状とは状況が異なるケースが多いです。

口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が利点の一つとして挙げられます。

その理由としては、So-netが提供してるインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で人気なのです。付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことを指し、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSに対応していて、最大で5台の機器に対してまでインストールする事が可能です。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様な危険に対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典と言えるでしょう。WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口対応率99%の通信回線で、広いゾーンで繋がります。その他、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった部分にまで電波が行き届きます。
弱点としては、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。UQワイマックスの評判まとめ。一つ一つの口コミを解説を参照

URoad-Home2+はホームルーターとして製造

読了までの目安時間:約 6分

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器で、バッテリーが組み込まれていないので、使用用途は室内利用だけに限られています。
ですけど、可動式の高性能アンテナが外付けになっていて、受信精度の高さが特徴の一つになっています。
更に、同時に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器を有線で接続する事が出来ます。

また、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますから、速度制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。
WiMAXサービスを利用して思う利点は、いくつかあります。
まず思い浮かぶのが、無線の通信回線ですので、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。次に思い付くのが、無線のネット回線なので、インターネットの回線工事は不必要です。
更には、ネット回線工事が必要ありませんから、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。また、通信の規制が厳しくないと言う部分も、WiMAXの魅力の秘密です。
Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、その中でも月額最安プランが印象的だったりします。月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点が挙げられます。
ただし、一定の条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局は初期費用は支払う必要が無くなります。

なおかつ、いつでも他のインターネットサービスに契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特性になっています。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに接続する事により、給電しながら使用する事が出来ます。

難しい設定も行わずに使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末になっています。

使用可能な通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が準備されているところもあります。例えば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダのケースだと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やテーマパーク、その他、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。
映画のチケットや展覧会、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い人にお得感を感じて貰う事が出来ます。

WiMAXには料金プランが幾つかあります。

プロバイダ毎に少し異なるものの、大体、2種類の料金プランが存在します。

気になる料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランです。
ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。その点、安さがメリットの通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。

自分のライフスタイルに合わせて、自分に合った料金プランを選びましょう。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、Broad WiMAXってプロバイダがあります。

Broad WiMAXの強みとしては、月額の利用料金が安い点があります。
その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。

契約25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。
WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。

結構な価格となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。

そんなわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますから、そんなプロバイダを選択するとベストです。WiMAX専用の端末はいくつかラインナップされています。
新しい製品が次々発売され、新しい機能を持ったものが次々と出ています。WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。

しかも、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。WiMAXを利用する時、注意する速度制限が二種類あります。ひとつ目が、月間データ量による速度制限と言う、7G制限と呼ばれているものです。

続いて、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
ではありますが、混雑回避の為の速度制限は適用されます。GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーン情報はこちら

WiMAXサービスを運営しているプロバイダ

読了までの目安時間:約 7分

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを用意しており、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。
ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。しかも、保証内容もしっかりしてるので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。

PEPABO WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、色々なキャンペーン特典が貰えます。そのPEPABO WiMAXが用意しているキャンペーン特典の中でも特徴的なのが、レンタルサーバーサービスのヘムテルやホームページ作成サービスを運営するグーペ、フォトストレージサービスの30days Albumを無料で使用出来ると言うキャンペーン特典です。いくつかあるPEPABO WiMAXのキャンペーン特典の中のこれだけの特典だけでも、総額40

550円分の金銭的メリットが得られます。

その上、WiMAX業界で二番目に高額な現金キャッシュバックまで貰えますので、本当に、PEPABO WiMAXの金銭的お得感はとても大きいです。WiMAXサービスとの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本となっていて、契約期間内に解約手続きを進めた場合は契約解除料が請求されてしまいます。

最初の13ヵ月の間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料は14000円掛かり、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円となります。ついでながら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料は厳しめになっていて、始めの25ヵ月間の契約解除料の設定金額は24800円、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円となります。とは言っても、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合には契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんので、ひとえにハードだとも言い切れません。WiMAXと契約を申し込む折、様々なキャンペーンサービスが付いています。

特に嬉しいのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

WiMAX通信に対応したデータ通信機器は、次々と新製品が開発されます。それぞれにより機能が異なり、便利さも違います。

そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。結構見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のサポートセンターの応対です。

電話対応が休日は非対応だったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダもありますから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。

Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。

発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。

他には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しながらの通信にも対応してます。
周知のようにWiMAXには通信制限がありますが、それほど厳しいものではありません。ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。

速度制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、そんなところから持ち運び性が良くて便利です。

URoad-StickをUSBポートに挿し込むことによって、電気をまかないながら扱う事が出来ます。
ややこしい設定も行わずに使用出来ますから、そう言う簡便性が評判のWiMAX端末となっています。
使用出来る通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、通信の下り最大速度となると110Mbps出す事が出来ます。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約が一般的です。
その理由は、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

その上、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結局、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。
500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きが適用されるのは毎月の事ですから、お得感は毎月重なって大きくなります。UQ WiMAX 2+のキャンペーンについて

光回線の契約を行なうと、モデムをレンタルする事となりま

読了までの目安時間:約 6分

光回線の契約を行なうと、モデムをレンタルする事となります。このモデムのレンタル料はと言うと、毎月の料金に加算される形式で請求されます。モデムに無線LANカードを差し込む方は、加えて、無線LANカードの使用料が請求されます。そう言う理由で、無線LANカードの返却を行って、自分で無線LAN機器を用意した方が安上がりです。
光インターネットは、様々な会社がサービスの提供を行っています。
そんな中で、auひかりと言う光インターネットサービスは、auのスマートフォンやケータイユーザーが割安感を感じるサービスを実施しています。
この理由は、auスマートバリューと言ったキャンペーン特典にあります。auスマートバリューを適用する事で、auのスマートフォンやケータイの月額費用が、1台ずつ割引きされます。
光回線の申し込みで、キャッシュバックを貰う事が可能となるキャンペーン特典を用意している代理店は多いです。代理店によってキャッシュバック額に大きな差額がありますが、キャッシュバックの金額だけで代理店を選んでませんか?キャッシュバックキャンペーンを選ぶ際は、手続きの手段も含めた難易度を考える必要があります。
他にも、いつ頃受け取れるのかや、有料サービスへの申し込みは必要かなど、代理店によって条件に違いが出て来ます。
光回線のサービスを提供する各代理店との契約時に付いて来るキャッシュバックキャンペーンの金額ですが、それぞれで大きな差がありますから、その理由が気になる部分です。
この訳の一つに、キャッシュバックが貰える前提としての有料オプションへの加入条件が挙げられます。
高額なキャッシュバック額をキャンペーン特典として公表している代理店の場合、前提として色々な有料オプションへ加入しなければならない場合があるのです。
色々な有料オプションの使用料金が月額料金に上乗せされるので、結局は損をしてしまうと言った場合だって普通にあり得ます。光回線サービスのキャンペーン特典として一般的なものと言えば、月額料金の値引きキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。
キャッシュバックキャンペーンで言うと、ギフトカードでのキャッシュバックやポイントでのキャッシュバック、現金を使ったキャッシュバックの三種類があります。月額料金の割引きキャンペーンにしても各キャッシュバックキャンペーンにしても、適用条件が設定されている場合が多いです。
一例を挙げれば、西日本の方だけだったりホームタイプの方だけだったり、法人である事を適用条件にしている代理店もあります。インターネットサービスの申し込みをした後は、Wi-Fiルーターが手元にあるととても便利になります。
Wi-Fiルーターがある事でWi-Fi通信が出来ますから、LANケーブルを這わせる必要性が全くなくなります。光回線の契約時に無線LANカードがレンタルで付いて来ますが、これは月額料金にレンタル料金が加算されるのでお勧め出来ません。
代理店によってはWi-Fiルーターを無料プレゼントしているところもありますから、そう言うキャンペーン特典を利用するのもアリでしょう。光回線のサービスなのですけど、各携帯キャリアも参入しています。これらの携帯会社のウリとしては、スマートフォンやケータイとのセット割引きを展開している点にあります。
例を挙げると、auひかりでしたらauスマートバリューと言ったサービスを展開していますし、SoftBank光だってスマート値引きと言ったキャンペーンを行っています。
具体的な値引き額としては、家族の所有する1端末毎の月額料金が2000円安くなると言う内容になっています。
光回線サービスの契約の際は代理店選びを行なう訳ですが、その後はプロバイダ選びを行なうのが一般的な手順です。それぞれのプロバイダによって月額料金やキャッシュバック額が異なったり、有料オプションの内容もプロバイダにより異なっています。
具体的には、So-netの場合だとセキュリティサービスが評判のプロバイダで、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティを最大24ヵ月無料で利用出来るキャンペーン特典が付いて来たりします。他にも、So-netやBIGLOBEでは出張サポートがタダになったりなど、色々とサービスの内容に差が出て来ます。NNコミュニケーションズのauひかりサービスなんですけど、色々とキャンペーン特典が付与されてお得です。
面倒な手続きや有料オプションへの加入条件がなく、安心感の高いキャッシュバックキャンペーンが評判な代理店がNNコミュニケーションズなのですけど、その他にもお得感のあるキャンペーン特典があるのです。
具体例を出せば、auスマートバリューと言ったauひかりとauのスマートフォンやケータイとのセット割引きキャンペーンが存在します。
NNコミュニケーションズの場合ならauスマートバリューの手続きを行った場合に、Wi-Fiルータのレンタル料金となる500円が無料になります。
光回線の代理店が行なっているキャッシュバック特典ですけど、高額な代理店だと有料サービスへの加入が条件となっていたりする場合があります。
そう言う事で、実際にはあまりお得ではなかったなどと言うケースもあります。
そう言う事を見越して、初めから有料サービス加入条件一切なしなどと言ったキャッチを販売ページに記載している代理店もあります。
記載してない代理店は全て有料オプションへの申し込み条件があると言う訳ではありませんが、そうは言えども、きちんと記載されている代理店の方が信用性が高いです。

1 2 3 5
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー